FC2ブログ

ネットで楽々!会社設立!専門知識は入りません!

会社設立手続き

まず会社の商号・事業の目的・発行可能な株式枚数・発起人が引き受ける株式の枚数など基本的な内容を記載した定款を、公証人役場に提出をして認証を受けます。

費用は合計で91,000円必要です。

電子定款の場合は収入印紙代が要らないのでお得です。

次に出資金の払込をして、残高証明書を発行してもらい、預金通帳のコピーを取って、登記申請まで残しておきます。

最後に法務局に行って、株式会社設立登記申請書を提出して審査を受けます。

その際に、免許税150,000円・定款・本店所在場所決議書・取締役を決めた証明書・就任承諾書・印鑑証明書・法人実印を押した証明書・調査報告書(付属書類等)・払込証明書・資本金に関する証明書・委任状が必要になります。



こちらのサイトでは手続きなどを代行で行ってくれて、その費用も安く済むので、これから起業を考えている方にはおすすめですよ。
スポンサーサイト



テーマ : 会社設立
ジャンル : ビジネス

株式会社設立方法

これには発行する株式総数(会社が規則で決めている発行してもいい株数)を発起人が引き受けて会社を設立する仕方と、株式総数の一部を発起人が引き受けて、残りの株式を一般から株主を募集して設立するやり方の2種類があります。

発起設立とは、自分自身で資本金の用意して会社設立をすることで、募集設立とは発起人ではなくそれ以外の人から出資をしてもらうため、発起設立に比べると出資額の負担を軽減することができます。

ですが厳しい手続きの時間と、出資者を募る費用も掛かってしまうので、一般的には自分で資本金を全てだして始めるのが簡単だと思います。

テーマ : 会社設立
ジャンル : ビジネス

会社設立メリット

一つ目は所得金額によって節税が出来ます。個人事業で課税所得金額が1800万円を超えると、住民税や個人事業税も含めて50%近い税金がかかってしまいます。

これを法人化すると、800万円を境に2段階の税率しかないので、1800万円を超えても法人税と住民税と法人事業税、全てを含めて40%の税金で抑えられます。

また社会的信用度が増すので、これまで取引が出来なかった会社や金融機関共にやりやすくなります。

更に債務については、個人だと全負担になりますが、法人の場合だと自分の出資分の責任だけで回避できます。

他にも決算日を自分で自由に決められるので、いつ設立しても決算の手続きに余裕を持って準備することが出来るのです。

テーマ : 会社設立
ジャンル : ビジネス

派遣会社設立

派遣業には、特定労働者派遣事業と一般労働者派遣事業の2種類があります。

特定労働者は、既に1年以上雇用されているかもしくは1年以上の雇用を契約しているかの、期間に定めのない契約方法になります。

もし派遣の仕事が終われば、自社に戻して働いてもらうか、違う派遣業を進める作業に繋がります。

一般労働者は、期間限定の登録制になるので、契約期間が終われば雇用期間も終了になる契約方法です。

ただし会社を設立する際の条件がとても厳しく、資本金が2000万円以上で現預金額が1500万円以上となり、厚生労働省の許可が必要となるので、派遣元責任者の講習を絶対に受けないといけません。

テーマ : 会社設立
ジャンル : ビジネス

会社設立 必要書類

法務局へ提出する基本的な主な書類は・・・

①会社の設立の要件を記した、会社設立登記申請書
②登録免許税を支払ったことの証明になる登録免許税貼付用台紙(収入印紙貼付済みのもの)
③公益法人や会社等の組織・業務に関する規則を記した定款(認証を受けたもの)
④資本金の払込があったことを証明する書面
⑤取締役が決まった事を記す就任承諾書
⑥取締役の印鑑証明書(取締役会設置会社は、代表取締役の印鑑証明書)
⑦取締役の委任状
⑧印鑑届書
⑨登記用紙と同一のコンピューター化されたOCR用申請用紙

これらの者が必要になります。

この他にも必要に応じている書類があるのと、書類の綴じ方があるので、提出前に入念にチェックをしてください。

テーマ : 会社設立
ジャンル : ビジネス

会社設立」の先頭へ
会社設立 」トップへ

SEO対策済みテンプレート
お気に入り
カテゴリ
おすすめ
最新記事
リンク
ランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング ブログランキング
フィードメーター - 会社設立 ブログランキングNo.1
ブログランキング

RSSリンクの表示
QRコード
QR